2021年05月09日

歯周病を改善したことで口臭減

歯医者に行ったきっかけは2つありました。1つは横向きに生えている下の親知らずを2本抜くため、2つ目は朝の口臭が気になったため歯の検診へ行ったことがきっかけでした。

歯医者にて検診をしてもらったことで、歯の隙間に小さな虫歯と奥歯に歯周病になりかけている歯茎があることがわかりました。

そこで、親知らずを抜く前に歯のメンテナンスをすることとなり、まず虫歯の治療が開始されました。虫歯に関しては3回ほどの通院で治してもらいましたが、歯周病はなかなかしぶといものでした。歯周病になっていたため、一晩寝た朝の口臭がキツいということ分かり、虫歯治療と並行して、定期的な通院と正しい歯磨きの方法、歯茎をシャンとさせる歯磨き粉と、寝る前に舐めることで歯周病の菌を殺してくれるタブレットをおすすめされ治療を開始しました。

歯周病用歯磨き粉とタブレットを使用して約1ヶ月、歯茎の間を検査してみると大きく改善されていました。また気にしていた朝の口臭がほとんど気にならなくなり、例えではありますが朝一番でもキスできるような口内環境に変わることができました。

2ヶ月ほど歯医者に定期的に通いお掃除や治療をした結果、かなり時間が経った今でも口臭が気にならなくなりました。

少しでも口臭が気になる方は歯周病治療をお勧めします!
posted by 口臭減 at 06:22| 口臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする